復職する方法

ポンコツ看護師がブランク1年で復帰して大失敗した話

看護師ブランク1年
おでこ
おでこ

こんにちは、現役看護師のひろすぎおでこです!

看護師のスムーズな復職をサポートすることを目的に、微力ですが活動しています。

看護師としてのブランクが長くなると、元通り動けるのか不安になる方も多いですよね。

でも、ブランクが1年と短い方でもこう考えませんか?

  • ブランクは1年だけど、看護技術や知識を忘れてしまった
  • 1年ってブランクのうちに入るの?甘えてると思われる?
  • 即戦力だと思われてそうで不安…

1年という期間を、全く問題視しない方もいますし、逆に1年でもブランクを重く受け止める必要がある方もいます。

私の場合、完全に後者でした。

なぜなら、もともと仕事に自信のないポンコツ看護師だったから。

私が復職を応援したいと思うようになったきっかけは、私自身がブランク1年育休明けからの復帰で大失敗をしてしまった経験があるからです。

ブランク1年、されど1年。

「1年休んだだけで忘れないでしょ」と思う方には全く参考になりませんが、1年のブランクで何もかも手につかなくなる不器用な看護師もここにいるということを知っていただき、あなたの自信を取り戻してくださいね。

同じ境遇で悩んでいる方がいらっしゃれば、ぜひお付き合いください。

おでこ
おでこ

「辞めたい」と悩んでいた時、心のよりどころは毎日求人を見ること。転職サイトの担当者がたくさん相談に乗ってくれて、結果前向きな行動を起こすことができました。

利用していた看護師専門の無料転職サイトはこちら↓↓

「利用者No.1」復職の第一歩目は

看護師ブランク1年の職場復帰体験談

育休からの復帰と仕事に悩む

育休や休職の期限が近づいてきて焦っている方もいますよね。

ブランク1年からの復帰は実際に上手くいくのか?

結論、何も対策しないと失敗する可能性が高いです。

私の体験談をぜひ参考にしてみて下さい。

ブランク1年前の現場経験

看護学生からの職務経歴
おでこ
おでこ

ブランク前までの、私の簡単な経歴を紹介させてくださいね

  • 18~20歳:看護奨学生として病棟勤務と学校
  • 20~23歳:准看護師として精神科病棟勤務と学校
  • 23~28歳:正看護師として急性期病棟、一般混合病棟、包括ケア病棟勤務

ブランク前に看護師として10年の現場経験がありました。

今では中堅と呼ばれる層ですね。

新人時代は、毎日怒られて、時間配分も下手、覚えも悪い…。

2年目まで夜勤練習も入れない、同期の中でもぶっちぎりの『ポンコツ』でした。

おでこ
おでこ

辞めたいと思っていましたが、お礼奉公が5年あったので辞めませんでした

そんな私でも、10年間病棟勤務をしていたらそれなりに仕事はできるようになりましたが、根がポンコツなことは変わりません。

包括ケア病棟勤務中に休職したため、28歳から1年間がブランク期間になります。

ブランク1年の間は何をしていたか

しあわせの育休期間

ブランク1年の看護師はとても多いですよね。

なぜなら育休、傷病などで1年という期間が目安になるからです。

私の場合、ブランク1年は産休・育休によるものでした。

ママになり、初めての育児に幸せと葛藤と、毎日が子供のことで頭がいっぱい。

仕事のことは1mmも考えることはなく過ごしていました。

育休の終わりが近づいてきた頃ですら、「復帰したくないな…でも行けばなんとかなるだろう」くらいのゆるい考えだったのです。

家族の時間をずっと過ごしていたいという気持ちが強くて、仕事のことを考えないようにすることで現実逃避していましたね。

おでこ
おでこ

同じように考える女性の方は多いのではないでしょうか。

育休中は体も頭も育児モード!本当に幸せでした。

育休明けに未経験の他部署へ異動

異動発表に絶望する看護師

現場復帰に不安はあったものの、同じ部署への復帰予定だったのでまだ気楽でした。

ドキドキしながら復帰した初日、同僚に「おかえりー!」「まってたよー!」なんて言われてすっかり安心していた私。

それが、

「明日から外来へ異動」

と発表されてしまったのです。

理由は、外来の人数が足りないからというよくある人事理由。

正直思ったのは、

おでこ
おでこ

まだ体も頭も仕事モードになっていないよ!

何も思い出せないのに、新しい仕事を覚える余裕なんてない…。

このまま居させてー!

ということ。

ちゃんと伝えればまだ回避できたかもしれないのに、その頃の私は上司に意見を言えなくて、もやもやしたまま翌日外来へ異動しました。

…結果、復帰大失敗の幕開けとなってしまったのです。

ブランク1年の看護師には即戦力を求めている

即戦力を求められて泣く看護師

ブランク1年の看護師に求められていることは、即戦力であること。

新しい部署で知らないスタッフたちの中、私の立場は、

  • 即戦力
  • 看護師歴10年の頼れる中堅ナース
  • 細かく教えなくても自力で仕事を覚えてくれる

と期待を込められた存在だったのです。

おでこ
おでこ

ごめんなさい、私全然役に立ちません

と声を大にして言いたかった。

周りは誰も「ブランクがあるからね」とは思ってくれませんし、むしろ

「最近まで働いてたんだからすぐできるよね?」と思われています。

現場は大忙し、期待を込められたキラキラ中堅ナースの私に対して、新人の頃と同じように誰かが時間を割いて教えてくれるということはありません。

おでこ
おでこ

スタッフの名前も知らないので声をかけるのも一苦労でした

そして採血、点滴ルート確保、静脈注射などの処置を次々に任された結果、初回は緊張して手が震えてしまい…失敗。患者さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

失敗の数々
  • 指示受けの確認をミスする
  • 駆血帯を外す順番をまちがえる
  • 採血室の業務が遅くてクレームが入る
  • 事務処理が遅くて師長にイライラされる
  • 救急対応に必死で他の持ち場をおろそかにする
  • 入院調整が下手で叱られる
  • スタッフの名前をまちがえる
おでこ
おでこ

(思い出すと胃が痛い)

昨日まで子供の世話だけしていた生活から一変、トイレに行く暇もないくらい1日走り回って働き、なのに何も役に立てず、やっと行けたトイレの中でさめざめと泣いたことを覚えています。

大人になってから泣いたり、こんなにつらくなったりすることもあるんですね。

ブランク1年ごときで弱音を吐ける環境ではないということを実感しました。

ブランク1年、現場未経験の苦悩

仕事に行きたくない女性

基礎的な看護技術や知識は、段々と思い出すことができました。

◎ブランク1年でもすぐ思い出せた看護技術・知識

  • 採血
  • 点滴ルート確保
  • 注射
  • 心電図
  • 検査データの見方
  • 薬剤の知識

しかし、新しい部署は覚えることが多く、病棟での経験がほとんど活かせません。

体もまだ仕事モードになっておらず、考えて行動しているつもりでも動きが鈍いです。

3つの課題
  • 早く感覚を取り戻すこと
  • 新しい職場環境に慣れること
  • 変化した家庭環境に慣れること

3つの課題を同時にクリアしなければいけない状況ができてしまいました。

さらなる追い打ちが、師長との相性が悪いこと。

鬼師長
  • うちの部署は人が足りないんだから休まないで!
  • あなただけ特別扱いしないわよ!
  • 他の人の仕事を見ていればわかるでしょ!!

とにかく高圧的で、体育会系であり、スタッフの休みを嫌う方でした。

有給取得率は1年に数回まで。

必ず決められた数の有給を取らせないと師長がペナルティを受ける仕組みがあり、有給を嫌々ながらも勝手に振り分けます。(希望の有給はなし)

臨時で休んだ分は、月の他の休みで補填し、有給や病欠にはしません。

このシステムが本当につらかったんです。

おでこ
おでこ

それでも休む回数が多くなってくると仕方なく有給で消化されますが、その時の師長のイライラといったら…

初めての育児も重なり、子供の発熱で臨時休みをすることもあって、仕事はできないのに周りにも迷惑をかけているという事実が私を追い込んでいきました。

ちなみに使いきれなかった有給は自然消滅します。

こんなの絶対おかしいよ。

心と体に異変が起きる

心の異変を感じる女性

とにかく明るく、笑顔で過ごすようにしていました。

スタッフとは徐々に打ち解け、楽しく働ける日も多くなってきたように思います。

だけどある日、普通に出勤しようと玄関で靴を履いたら、なぜか足が一歩も動かせない。

おでこ
おでこ

(どうした…早く行かないと遅刻だぞ)

心ではそう思っても足が動きません。

それに、なんとなく息が上がってきて気持ちが悪い。

(休もうかな)

と一瞬思いましたが、考えを振り切って勢いのままに外へと飛び出しました。

なぜ素直に休もうと思えなかったかというと、休むための電話をすることが1番のストレスだったから。

おでこ
おでこ

(気持ち悪い、帰りたい、辞めたい、辞められない、笑顔は忘れない、ミスしない、暗い顔をしない)

仕事中、心の中で呪いのように繰り返していました。

そして、そんな時に限ってミスをしてしまったんです。

今思えば日常的にある小さなミス。

でもこの時、

鬼師長

あなたが対応した患者さんだったんだって!?

ギャーギャー(覚えてない)

何かを責められた記憶がありますが、「すみません」と返事をした後トイレに行き、なぜか大号泣していたため覚えていません…。

この頃の私は、いつもの自分じゃない感覚がありました。

「看護師、辞めたい」と検索する日々

看護師、辞めたいと検索する女性

仕事が上手くいかない日も、自宅に帰れば家事と育児が待っていて休む暇はありません。

子供が寝た後、自由時間に何をしていたかというと、

ネットでひたすら「看護師、辞めたい」と鬼検索です。

人手が足りず復帰してすぐに夜勤も始まっており、土日祝日関係なくシフトを組まれるため、フルタイムで働くこと自体に限界を感じていました。

時短勤務も受け入れてもらえません。前例がないからだそうです。

おでこ
おでこ

育休後は1年働く契約だし辞められない…

辞めたら生活はどうなるの…

パートならまだ働けるのかな…

でもパートにしてくれないだろうな…

毎日毎日、ぐるぐると同じことを考えていましたね。

とにかく逃げたい一心で、辞めたい気持ちはとても強かったのですが、具体的な行動を起こす勇気気力もありませんでした。

転機は看護師転職サイトの存在を知ってから

看護師転職エージェントと話して浮かび上がった3つの課題

ある日、ネットの広告に出ていた看護師転職サイトという存在を初めて知ります。

追いつめられていた私は、看護師の世界に詳しい方にどうしたらよいか相談してみたくて、思いきって登録。

登録したサイトの担当者に初回の面談でたっぷり話し込みました。

2時間くらい。(ほぼ愚痴)

専門家に相談して気持ちを整理できたことで、

  • 仕事が合っていない
  • 仕事と家庭の両立ができていない
  • ブランクの悩みが解決する前に新しい問題を抱えてしまった

以上の問題点が見えました。

担当者から話を聞いて、病院しか知らなかった当時、看護師なら他にもたくさんの場所で働けることを知って希望が見えたのです。

ちなみに、求人を探すのが楽しかったので自分の職場の求人を調べてみました。

そこには、

未就学児がいる子育て世代は時短勤務OK!夜勤免除!土日祝日休み!

アットホームな職場!ママ応援!

という募集内容でした。

おでこ
おでこ

うそばっかり…

看護師転職サイトでは、担当者が知っている限りの情報で職場の雰囲気を教えてもらうことができます。

求人の内容と現実が大きく違っていることを実感した私は、「実際の職場の雰囲気」の情報を第一優先と考えるようになりました。

初回面談の日を境に、転職を目標として求人を探す日々を送ることになります。

退職を決意

子供の熱に困る母

辞めようと決意した1番のきっかけは師長の対応です。

子供が熱を出し、休むとネチネチ言われるのが目に見えていたので、夫に頼み込んで2日間有給を取ってもらいました。

でも熱が下がらなくて、子供も「ママといたい」と言って泣いてばかり、夫はこれ以上休めないという状況…。

3日目の朝、仕方なく電話で事情を話してお休みをもらおうとしたんです。

そしたら、

鬼師長

他に預ける人いないの!!?(電話ガチャ切り)

と、電話が切れてしまいました。

さすがに信じられませんでした。

今まで我慢してきたけど、もう無理と思い退職を決意。

しかも、この時すでに目星をつけていた求人もあり、現在の職場になんの未練もない状況です。

数日後、退職を申し出ました。

退職できず、異動に

度胸を試されている女性

師長よりもさらに上司に直接退職を申し出ました。

ところが、

「来年度までは辞められないわよ。早く仕事に戻って。」とばっさり切り捨てられてしまいます。

この頃の無知な私は、言ったらすぐに辞められるもんだとばかり思っていました。

辞めるための準備を怠り、勢いに任せた結果、退職する機会を逃してしまったのです。

しかしどうしても引けなかったので、

おでこ
おでこ

辞めます!もうつらいです!明日から来ません!

と粘ったところ、話し合いの末「来月一回異動してみなさい」ということになりました。

まんまと丸く収められた弱っちい私。

とにかく早く現場を離れたかったので、了承。

異動までの一か月間、無視されたり、

鬼師長

私のこと嫌いなんでしょ!?

残りの数日間嫌で嫌で仕方ないでしょうねっ!

あなたが他で勤まるかしら!

と詰め寄られたりと、師長との関係は散々…。

でも周りのスタッフとはとても良好な関係で、心の支えでした。

一番多く言われた言葉が、

同僚ナース
同僚ナース

私も辞めたい!!

周りのスタッフも、毎日泣いたり愚痴ったり、ストレスを抱えていることは知っていましたので心苦しかったです…。

1人、新人時代からずっと苦手な先輩がいて、その方からは

苦手先輩

みんな我慢してるのに、1人だけ逃げるんだ?

つらいのはおでこだけじゃないんだよ

本当に意味不明な激励をいただき全く心に響きませんでした。

病棟へ異動。結果、以前の経験を活かしてすぐに慣れた

病棟異動でうまくいくようになった看護師

一か月後、新しく配属された科は慢性期病棟。

もともと転職サイトの担当者におすすめされていた仕事だったので興味はありました。

慢性期病棟では、以前長く働いていた病棟での知識が役に立つ場面も多く、数日で仕事に慣れることができたのです!

職場の雰囲気ものんびりとしていて自分に合っている。

何より子育てへの配慮がありがたく、有給も遠慮せずに使える環境が整った職場です。

同じ病院でも部署によってこんなに差があることを知りました。

ブランクがあっても、自分の持ち味を活かせる場所であれば、復帰はスムーズだったかもしれません。

おでこ
おでこ

結局転職はしなかったので、担当者に申し訳ないなと思いましたが、今もLINEで求人を提供していただいています。一度退職を決めたことで心が軽くなり、今ではいい求人があったらいつでも転職するつもりです。

ブランク1年でもあなたに合う職場を探すことが大切

ブランク1年に合う職場の条件

ブランク1年とはいえ、甘く見てはいけません。

1年という間に、心や環境に変化のある方も多いはず。

復職時のポイントとなる条件は、

  • 今の生活スタイルに合っているか
  • ブランク前のスキルが活かせるか
  • ブランクによる影響はどの程度か

生活スタイルの変化に合わせて、働き方を変えることも必要です。

ポイントを押さえておかないと、ブランク1年といえども復職に失敗する可能性が高くなります。

本気で復職を考えている方は、復職に成功する方法をロードマップ化したこちらの記事が役に立つかもしれません。

ブランクが不安な方におすすめの職場

再就職向けおすすめの職場
リナースちゃん
リナースちゃん

ブランクがあっても再就職ってできるの?

看護師の資格を活用して働ける場所はたくさんありますよ。

ブランクに不安があり、働きやすい環境で復職したい方には、以下の職場がおすすめです。

ブランクありでも働きやすい職場
  • 慢性期・療養型病棟
  • 回復期リハビリテーション科
  • 介護施設
  • デイサービス
  • 心療内科クリニック

もともと実務経験がないままペーパー看護師になってしまったという方にもおすすめの職場です。再就職のコツもあわせて、詳しく解説した記事はこちら。

ブランク1年~3年ほどで元々経験があるなら、急性期病棟でも復帰は可能でしょう。

しかし、あなたの環境が大きく変わっているなら、ブランクを抱えつつ病棟勤務で夜勤もこなすことは負担が大きいです。

病棟以外で働きやすい職場もあるので、こちらを参考にしてみて下さいね。

ブランク1年目の看護師におすすめの求人サイト

逃げ道作るなら看護師転職サイト
リナースちゃん
リナースちゃん

他の仕事にも興味があるけど、どうやって探すの?

以前はハローワークや病院の募集に直接応募するといった就職活動が一般的でした。

ガラケー時代、『自宅で求人を検索する』という文化がなかったからです。

しかし現代の看護師は、看護師転職サイトを使って求人情報を探すことが一般的になっています。

なぜなら、看護師転職サイトは自宅にいながら全国エリア無料で求人検索ができる上に、自分の希望に合う求人を提供してもらえるから

誰にも話せない相談に乗ってもらえるし、求人を探すことで前向きになれるので、私のように「看護師、辞めたい」と鬼検索している方におすすめの方法です。

おでこ
おでこ

登録をすれば細かい希望条件で簡単に探すことができます。

ブランクOK、土日祝日休み、夜勤なし、パート勤務など、条件を指定して求人を探せますよ。

看護師転職サイトに登録をすると電話での面談があります。

おっくうに感じてしまう方もいるかもしれませんが、その代わり受けられるサービスはかなり充実していますよ。

看護師転職サイトで利用できるサービス
  • あなたに合う働き方を提案してくれる
  • 一般には公開されていない「非公開求人」を教えてもらえる
  • 職場の雰囲気などの求人には載っていない情報を教えてもらえる
  • 求人への応募や面接の日程調整を代理で行ってくれる
  • 履歴書を添削してくれる
  • 面接対策してくれる
  • 募集先と雇用条件を交渉してくれる

ハローワークではここまでのサービスを受けることはできませんよね。

また、電話面談の後はLINEやメールでやり取りすることも可能

おでこ
おでこ

求人サイトを見比べるためにも、2~3サイト登録しておくと便利です!

都内でも地方でも全国対応可能な大手サイトはこちら。

完全無料看護師転職サイト

「利用者数No,1」【看護roo!】

年間利用者数「10万人」、

地域担当制で全国エリアに強い

【ナース人材バンク】

圧倒的利用者数と転職実績No,1

満足度が高い【看護のお仕事】

好条件の求人多数

ブランク1年の看護師が再就職までにやるべきこと

再就職前に看護師研修を受けよう

復帰に失敗した原因は自分にもあります。

それは、ブランクを明ける前に潜在看護師向けの研修やセミナーに参加しておくべきだったということ。

当時は「研修は職場の指示があったら行くもの」と思っていましたし、潜在看護師向けの研修があることも知りませんでした。

おでこ
おでこ

育休中に勉強する気持ちは起きませんでした…反省。

短期間でも、1日でも、採血や点滴の手技について復習したり、新しい医療の知識について興味を持ったり、準備しておくべきだったと後悔しています。

ブランクを明けて復職するなら、行き当たりばったりではなく、まず準備と情報が絶対必要だとこの時に学びました。

リナースちゃん
リナースちゃん

研修はどこで受けられるの?

研修を受けるためにはナースセンターで受講する必要があります。

ナースセンターと研修名の一覧から、近くで受講できる研修を探してみて下さいね。

ブランク1年のポンコツ看護師でも自分らしく働ける職場は必ずある!

ブランクありでもポンコツ看護師でも自信をもって

ブランク1年でも、復帰への不安を抱える看護師は多いですね。

私が体験談でお話しした通り、失敗した原因は、

  • ブランク前の看護スキルが活かせない職場で復帰した
  • 自分に合わない働き方の職場に配属された
  • 復帰前に勉強をしていなかった

振り返ると、自分で対策できた部分もありました。

失敗だらけの職場復帰となってしまいましたが、現在は自分に合う職場を見つけて、ストレスも少なく働いています。

ブランク1年で怖がっている看護師はあなただけではありません。

どんなに仕事ができないと思っていても、自分らしく働ける職場は必ずありますよ。

おでこ
おでこ

逃げ道を見つけることは決して悪いことじゃありません!

ブランク1年でもうまくいかないことだってあります。

私のようなポンコツ看護師でも、居場所を見つけて、周りに恵まれながらなんとかやっていけるようになりました。

ぜひ、あなたにとって居心地よく働ける場所を見つけてくださいね。

「利用者No.1」復職の第一歩目は

クリックしてくれると励みになります♪
にほんブログ村 病気ブログ 看護師・ナースへ
にほんブログ村
ABOUT ME
ひろすぎ おでこ
▶看護師歴10年以上 ▶現在フルタイム夜勤ありで働く2児のママ ▶夫も看護師 ▶育休明けの異動により精神を病み、転職活動で前向きになれた ▶復職に悩むブランクナース、一線を離れている潜在看護師の復職を応援するブログを運営中